投稿

11月, 2020の投稿を表示しています

56.逆手にとったスタイル~新型コロナと共存

イメージ
元広告代理店勤務のmiyukiです。 いま、#新型コロナ で売り上げ減で大変な正念場ではないでしょうか。 GoToトラベルもGoToイートも制限がかかってしまいました。 (これは前々より予想していたことなのですが) 政府がトラベルキャンペーンを 押し切ってしまい、その流れで確かに旅行業界、飲食業界はまったく0もしくは マイナスから上向きに売上が伸びたのは事実ではあります。 事実ではありますが、途中でキャンペーンに待ったがかかってしまったので また売上減に悩む日々が増えそうです。   発想の転換:コロナで大変な時期だからこそ いまや私たちの生活はマスク、人との距離を保つ、手指消毒、検温が当たり前になりました。 お店は入店時、各テーブルに消毒液をおくなど、経費もかさみます。 お客様が帰ったあとのテーブル、いす、調味料すべて消毒で清掃するため 人手が必要です。 また密を避けるためにテーブルの間引き、パーテーション設置、換気扇をふやすなど 設備にも費用と負担がかかってきます。 かなり長い期間コロナに振り回され、付き合ってきたので そろそろ ・お店でもクラスターを発生させない ・お客も感染したくない この相互の思いが合致した時期になってきたのではないでしょうか。 コロナに関しては驚異的スピードの医学技術の進歩や奇跡の発見がなければ ここ1~2年で撲滅するのは無理でしょう。 そうなると共存するしかありません。 コロナだからと嫌煙するのではなく、どうやったら共存できるのかを 考え実行するべきです。   疑問:新型コロナってそもそもなに? ※2020年4月 MSDマニュアルCOVID-19情報 家庭版より引用 コロナウイルスは、かぜから致死的な肺炎まで様々な重症度の呼吸器疾患を引き起こす 一群のウイルスです。 コロナウイルスには様々な種類があります。その多くが動物に病気を引き起こしますが、 7種類のコロナウイルスは人間に病気を引き起こすことが知られています。 これら7種類のヒトコロナウイルス感染症のうち4種類は、 かぜの症状を引き起こす軽症の上気道疾患に関係するウイルスです。 しかし、7つのヒトコロナウイルス感染症のうち3つは、より重症になる可能性があり、 最近では、死に至ることもある肺炎の大規模な集団発生を引き起こしています。 ・SARSコロナウイルス2(SARS-CoV2)は、

55.鬼滅の刃 にみるマーケティング戦略

イメージ
元広告代理店勤務のmiyukiです。   お久しぶりです。  世の中 #GoToトラベル #GoToイート で活況ですね。    いまや猫も杓子も鬼滅、、、 ものすごい人気の#鬼滅の刃。    「鬼滅の刃」公式ポータルサイト 映画がえげつない興業収入だそうですね。   劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編公式サイト ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ 鬼滅の刃とは 大正時代 を舞台に主人公が 鬼 と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚 [5] 。第70回(2013年4月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員: 篠原健太 )で佳作を受賞した投稿読切『過狩り狩り』を前身とする。作風としては身体破壊や人喰いなどのハードな描写が多い。 Wikipediaより ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━ 個人的にはハードな描写があるため、あまり好みませんが、 兄弟愛とか鬼と人間のトップ争いとか、、、その辺が受けているようです。 ↓ブログでも詳しくかかれています。 『鬼滅の刃』の人気が止まらない!その魅力と秘密を徹底考察!   鬼滅のヒットの秘密とは 調べてみると、このヒットの影の立役者はプロデューサーの手腕と資金の差だということがわかりました。 実際、世の中にはたくさんの秀逸な作品が埋もれていると思います。 話はそれますが、身近な話に例えると お笑いの M1グランプリとかW1グランプリなどで優勝した コンビやグループ以外にもたくさんおもしろい人たちがいるのにな と感じる時があるとおもいます。 ですが、 運とタイミングで上に這い上がっていないというのが現状だとおもいます。 それと同じで漫画の世界でも(もちろん作者の実力ありきで)おもしろいのに 表舞台にたてないものがたくさんあるなか、プロデューサーがいち早く目をつけ、 2D漫画を 立体感のある絵 にかえ、テレビアニメ化しました。 これが 火付け役 です。   映画のヒットは一人では為し得ない ヒットとは実力のある作者、敏腕プロデューサーがいたとて 為し得ないですね。 もちろん、マーケティング戦略が重要です。 あとは戦略を投下するタイミング、 そして、 いろんな企業の資金参加、協力があってこそのものです。 で、この

このブログの人気の投稿

55.鬼滅の刃 にみるマーケティング戦略

62.「CX痛点」を抑えているか

63.マーケティング思考を身につけた人が勝ち残る