投稿

3月, 2021の投稿を表示しています

61.ニューノーマル時代の分業

イメージ
元広告代理店勤務のmiyukiです。 先日オープンしたばかりの東北最大級といわれるイオンに行ってきました。 イオンモール新利府南館 2021年3月5日(金)開業!東北最大級 田舎の象徴(広大な空き地がないと存在しえない)であるイオン。 話が飛びますが 先日生まれも育ちも東京という同僚にこの最大級のイオンの話をしたところ 「うわ~イオンがある街に住んだことがないのであこがれる」 といいはなたれたことに衝撃をうけました(笑)   未来型商業施設だった そのイオンですが、東北最大級の面積をもち 敷地面積148,000㎡ 。 東京ドーム約3個分。 広いですね。延床は101,000㎡、総賃貸面積は69,000㎡。 大型アミューズメントゾーン、シネマがかなりの幅を占拠しており、 ショップをみるとこれといって目新しい目立った店舗はない印象です。 システムとして レジゴー やあらかじめ注文しておいた商品をドライブスルー形式で 受け取るサービスも展開、飲食コーナーでは1組ずつパーテーション設置し テーブルとテーブルの感覚も広く、エレベーターはマックス4人がデフォルトなど ニューノーマル時代を完全に意識した内容です。 また、屋外駐車場へむかうスロープが幅が広く距離が長く風貌は近未来の町を イメージさせる作りでした。 オープン1週間後で大雨のせいかおもったほどの混雑もなく (駐車場も店内も密でしたが)店内を観察できました。 そこで目の当たりにしたのが、 「館内配送ネコ型ロボット」 この響き大人にはたまらないワクワク感を想起させてくれませんか。 ネコ型ロボットといれば ドラえもん!! イオンにはドラえもん、、、ではない ネコ型ロボットが走っていました。 主にメインストーリート(インフォメーションがある通り)に 2機も。 人の気配を察知し停止したり混雑してる空間も歩行を邪魔せずするすると すり抜けていきます。 引用: イオンモール新利府 南館 - イオンリテール 画面には黒ねこの顔が張り付けてあるものもないものもありました(笑) このロボットがその日は何をしていたかというと 本体の棚に館内インフォメーションのリーフをのっけて走っていました。 リーフを取ろうするとスピードが落ちたような気配が(気のせいか)。 子供が話しかけても止まりはしましたが会話は成立していませんでしたが、 このネコ型ロボッ

このブログの人気の投稿

44.【6月6日情報】//コラム// アベノマスクの寄付先まとめました。

55.鬼滅の刃 にみるマーケティング戦略

53.大事なのは感謝と恩返しだ!~マーケターが紹介する”ドラッカー”