投稿

11月, 2021の投稿を表示しています

64.番外編:独学でとれる!国内旅行業務取扱管理者~社会人が働きながら取得する方法

イメージ
元広告代理店勤務のmiyukiです。 ご無沙汰しております。 もう11月ですね、あっという間に年末です。 今年のやり残したことなどありませんでしょうか。 残すところあと2か月です、今年の整理と来年の目標を考えましょう。 ところで11月12月におこったことは来年に影響するというような(風水的) お話があるようですが、聞いたことありますか?(笑) 私はつい昨日、コロナ明け、久々に女子会をしました(韓国料理店)。 思いもかけず、その女子会が楽しく大笑いしました。久々にお腹がよじれるほど 笑い通しました。 笑う門には福来る。なんて年末にふさわしい大笑いの会。 来年はきっと「笑い」が絶えない1年になるでしょう。 ところで私はふとした縁で「国内旅行業務取扱管理者」の資格にチャレンジする チャンスがありまして、2020年に受けました。 結果、 はい、、、落ちました。 試験は3項目あり、各項目60点が合格点です。1つでも60点に満たないと不合格。 自己採点では旅行業法、約款がそこそこだったのですが、実務が最低でしたね。 試験は年に1回なので、半年ほどほったらかしてにしておりましたが 今年こそはリベンジだ!!となぜか突如奮い立ち奮闘の結果、晴れて2021年合格しました。 そんな私の合格までの履歴を記したいと思います。 私は独学なので、独学合格した人たちの体験談、勉強法、テキストなど参考にするため 読み漁った経験があり、それが大変役にたったので、私もこれから独学で目指す 皆さんの一助になればいいなとおもい書くことにしました。 まず、国内旅行業務取扱管理者とは? 旅行業や旅行業代理店に勤務する人に必要な国家資格です。 国内と総合(海外)と2つタイプがあります。 総合は添乗業務経験がないと受験できません。 今回私は添乗業務の仕事ではないので国内をうけました。 引用:国土交通省 旅行業者や旅行業者代理業者は、営業所ごとに一定の資格を持った旅行業務取扱管理者を選任して、旅行の取引条件の説明などの業務の管理・監督を行わせなければならないと、旅行業法で規定しています。この旅行業務取扱管理者になるためには、一定の欠格事項に該当しない人で、 国家試験 (旅行業務 取扱管理者試験)に合格する必要があります。 https://www.mlit.go.jp/about/file000052.html 試験は

このブログの人気の投稿

62.「CX痛点」を抑えているか

63.マーケティング思考を身につけた人が勝ち残る

32. マーケティング 捉え方を変える。ウォンツとニーズの違い。そしてマーケティングの神髄。