投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

22.顧客の囲い込みとは~クレカ決済とポイント付与との関係~

マーケティングで囲い込み戦略というものがあります。 その代表的なものが FSP 「付与ポイント」なんですが、 なんか最近使い方を間違っている店があります。 どこが間違っているのか、お話ししたいと思います。 ◆クレカ決済について  最近は、(特に美容室で目立ちますが) 「クレジットカード支払いのお客様にはポイントがつきません」 というところが多いです。 お店側の事情はよーくわかりますよ。 クレジット払い可能にするといろいろと経費がかかるんです。 さらに即現金ではないのでお金のやりくりも大変なこともあります。 しかし、 顧客の囲い込み さらには 買いやすい場 を提供する使命をもった 小売店やサービス業は、もはやカード払い機能を持つということは 絶対条件だと思います。 ---------- 日本人のクレジットカード保有率は約1人 3 枚。利用率は 17 %。 [ データ出所 ] 参考:日本の消費者統計( 2012 年日本クレジット産業協会) 国民経済計算( 2010 年) ほか 今後の潜在市場は 111 兆円。 いまやクレジットカードでの公共料金払いや税金払いが当たり前、わざとクレジット払いにしてポイントを稼いでいる人もいます。そんな時代に逆行するようにクレジットカード払いの人にはポイントつきませんなんてシステムは時代錯誤も甚だしい。 (ましてや最近は、モバイル決済が主流となりつつあります) お店側のクレジットカード払い導入については 会費を支払うよりも 大きなメリット があるんです。 1. お客の今の懐事情を勘案せずに ( つまり手元に現金がなくても)オプションを追加してもらえる(客単 UP) 2. クレジットカードを支払える余裕があるお客のために高価な商品も販売できる(新規客の獲得) 3. なによりもお客の利便性を助成できる(来店数 UP) 以上のことからもわかるように、カード払いを前向きに取り入れることによりメリットが増えます。 ◆顧客の囲い込み~ポイント制について カード払い機能を理解して導入したお店がたくさんあると思います。 問題はここから先です どこのお店でもやってい

21.マーケティング業界では有名なパレートの法則

” 会社の売り上げは 2 割の客で成立っている ” この言葉きいたことありますか? 元広告代理店勤務の  miyuki  です。 マーケティングでは(とは限りませんが)、パレートの法則という概念があります。 ------ イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則(べきじょうそく)。 経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出 しているという理論。 ------- (引用ウィキペディア) なんだかわかるようでわからないですよね笑 80:20 の法則とも、2が8を制するとも言います。 一般的に例えられるのは  お店の売り上げは 2 割の常連さんが支えているという法則です。 顧客とは自社または自社商品のファンである人たちです。 パレ ― トの法則を用いると  今いるお客様の 2 割の方たちだけで、お店の売り上げは成り立っている といえます。 もし、今、あなたがお店の売り上げが伸びない、 少ないと悩んでいるのならこの法則を頭にいれてください 。 売り上げを伸ばすには、 2 割の常連さんを増やすしかないのです。 が、しかしここでよくよーく考えてください。 2 割の常連さんを増やすということは 1.いまいるお客様の中から常連さんを産み出す 2.新規顧客を増やしパイを大きくする (全体のお客様を増やすことにより結果常連さんの割合が増える) ここで顧客管理というものが必要になってきましたね。 顧客を知るには顧客管理をして徹底的にお客のことをリサーチし 分析しなければなりません。 そして 前回も書きました が顧客の分類をするのです。 分類をし、そのグループにみあったアプローチ方法の作戦をたてます。 ********** パレートの法則は顧客管理のみならず、いろいろなシーンであてはめられます 例えば、社員。 自社の社員が売上をあげないので一番売上をだせない社員を解雇したとします。 もちろん経費は浮きます。ですが、必ず次の解雇候補がでてきます。 どんなに優秀な社員を集めても(残しても)必ずその中の 2 割しか常に売上をあげません。 どんなにふるいにかけて落としていっても結局100%優秀社員だけをおくのは不可能な

このブログの人気の投稿

55.鬼滅の刃 にみるマーケティング戦略

62.「CX痛点」を抑えているか

63.マーケティング思考を身につけた人が勝ち残る